食箋(食べ物薬)

生姜膏 逆流性食道炎に!!

 

今日は、市川式回復法 生姜膏(しょうがこう)の作り方を習ってきました。

 

生姜膏は、食道の粘膜の乱れを整えてくれます。

 

逆流性食道炎、喉の違和感、のどがつっかえる。などの症状に効果的です。

 

作り方:

 

ひね生姜:500g

 

黒糖:500g

 

(比率 1:1)

 

生姜は、皮ごと丁寧に洗う

 

沸騰したお湯に、入れて、一煮立ちさせる

 

ザルにあげ、水を切る。

(水分が残ってると腐敗の原因に!!)
生姜は、手で割る
(包丁は、使わない。生姜は、包丁を嫌います)
生姜と黒糖をすり鉢に入れて
トントンと突き潰す。
力任せでなく、「気」を一箇所に集めるように
集中して、静かに、力強くついていく。
結構、力がいります。
でも、生姜が、割れていくと何だか気持ちよい!!
生姜から出た水分は、別のボウルに取る。
水分を取りながら、突かないと部屋に飛び散って掃除が大変になる。
エプロンは、必ず、必要です。
後、汚れても良い服も!!
生姜からは、驚くほどの水分が出てきます
セッセと取りながら
生姜の固形がなくなるまで、すり潰す。
最後は、生姜と黒糖の取り分けておいた汁を戻す。
右回りに8回
左回りに4回
すりこぎで、生姜汁を整えていく。
(エネルギーを整える作業)
この後、魔女の儀式の様に
一人づつ、右に8回、左に4回 回しました(笑)
煮沸消毒した瓶に入れる。
瓶の口をテープで止める
そして、ビニール袋に入れる。
これを軒下の雨が直接かからない土の中に
10日間埋めておく。
発酵、熟成が行われる。
そして、10日間後
完成!!
完成後は、冷蔵庫で保存する。
服用の仕方:
小さじ 1杯を100CCで薄めて飲む。
    温度は、ぬるま湯で!!
作った感想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
想像以上に、生姜には、水分が含まれていて驚き!!
沢山の人で作ることで、皆の波動も含まれて美味しくなる。
そのことにも、驚き!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
生姜の成分と働きについても教えて貰ったのだ!!
生姜の成分
亜鉛:男女の愛に関わるミネラル
   肝臓を元気にし、免疫を高める。
ジンゲロン:辛味成分
      殺菌成分
ショウガオールオール:芳香成分
           発汗、解熱、消炎作用
           痛みを和らげてくれる
ジンギベレン: 芳香成分
        胃腸の働きを活発にする
黒砂糖の働き
 喉を潤し、痰をのぞき、エネルギーやビタミンを補給してくれる!!
生姜膏は、土の中で育った、大地のエネルギーが満ちた生姜と
お日様のエネルギーを沢山浴び、星、月、太陽、天の気に満ちた黒糖
そして、人の気、作った私たちの気が融合されて、作り出される食べ物薬
食箋の中では、珍しく火を使わないものです。
10日間の間、土の中に埋めることによって
土中の微生物や、波動を受けて完成します。
今から、完成がとても楽しみです。
市川先生のお弟子さん、先輩たちは、とても勉強熱心な方が多く
ほんとに、皆さん、魔法使いみたい!!
どこにでも在る物を使って、お薬が出来るなんて、夢のようです。
錬金術とは、こういうことを言うのだろうなぁ❤️
なんて、浪漫をかんじながらの授業でした。
朝起きて、眠るまでの、すべての時間を丁寧に暮らせる様になります❤️
http://www.naoruchikara.jp/index.html
とても、とても、おすすめの先生と講座です。
今日も読んでくださって、ありがとうございました。
食箋(食べ物薬)

栄心さん、痩せたね。

コツコツ、毎朝の食箋を続けています。

 

昨日、ご飯食べた友達が

 

「栄心痩せたね」

 

と言ってくれました。

 

体重は、そんなに変わって無いので

 

自覚は無いのですが。

 

むくみが取れたのかもしれ無いですね。

 

 

なんでも、効果が出るまで

 

一定量以上

 

一定期間以上

 

続けてみて、効果を試さ無いとね・・・

 

私は、外食が続くと

 

「胃もたれ」

 

して、しんどくなる・・・

 

肌荒れしたりね。

 

そういうことが、無いです。

 

ブログを読んで、人参と大根おろしを作ってくれた友達から

感想もいただきました。

 

ブログに書いてた大根と人参のおろしたの作ったよ😀

一口、二口くらいまでは、人参の甘さがあって美味しかった
食べてると、辛さが増してきて舌がヒリヒリした(^^)
ほのかに人参の甘さも感じた
意外やったのが、人参の繊維が残っていたので、噛む回数が増えてました
おろしたお汁の辛さはマシやった

 

 

作ってくれて、ありがとう!!

 

私には、ちょっと、辛くて食べにくい食箋ですが

 

影響されて、大根おろしを沢山食べる様になりました。

 

肉料理の時には、大根おろしを添えて!!

 

ちょっとしたことの積み重ねが、

 

健康を作ります。

 

そうそう、

 

100歳になっても、好きな物食べて、好きな物を飲んで

健康な人が居るやん?!

 

だから、食事なんて、気にしなくても大丈夫!!

 

って、食養生を軽く見る人が居るのですが、、、

 

それは、体が丈夫に生まれついた人だと思います。

 

多分、胃腸が丈夫に産まれついた「健康運」に恵まれた人が

 

好き勝手やって、長生きしてるだけ・・・・

 

宮沢りえちゃんの様に、美人に生まれついた人が

 

「すっぴんでも大丈夫!!」

 

って言ってるようなもの。

 

普通の顔に産まれたものは、化粧も学んだ方が

 

多分、暮らしやすい。

 

自分を知り、自分を上手に使って

 

幸せに暮らしましょうね❤️

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

食箋(食べ物薬)

1年に48回の大学生と、365回の私

今日は、思い切って、「うんこの話」をしましょう。

 

上品に、「お通じ」と呼ばせて頂きますよ!!

 

「お通じ」体からのお便りです。

 

皆さん、毎日、1回、体からのお便りありますか?

 

 

女性は、便秘が多く、男性は、下痢が多いと言うけれど、

 

この間、おしゃべりした大学生は、1週間に1回だそうです。

 

そして、酷い便秘で、下剤を飲んだり

 

出す時も、それは、それは、しんどいらしく、

 

聞いてて、気の毒でした。

 

計算すると

 

女子大生 

 

1週間に1回 

 

1ヶ月に4回

 

1年間に48回

 

しか、お通じが無い。

 

 

毎日 最低1回

 

1週間に7回

 

1ヶ月に31回

 

1年間に365回

 

 

しかも、私は、一時期、

 

「何を食べたら、良いものが出るか?」

 

研究をしてた事もあるぐらいなので、

 

とても、気持ち良く、心地良く

 

排出しております。

 

痛い、しんどい、とか、一切無いです。

 

昔は、あった様な気がします。

 

でも、今年は、体に注目してるので、全く無いのです。

 

 

何を食べるか?

いかに美味しいものを食べるか?
も、勿論、大事ですが・・・
いかに、出すか、
どんな風に出すか、
どんな物が出てるのかも、大事です。
お通じは、体からの「お便り」です。
是非、トイレで、読み解いて下さい。
あんまり、ゆるいのは、
「そんなに油物ばっかりとか、お酒ばっかりじゃ、無理です」
と書いてあるかもしれません。
そして、気持ちの良い、「お便り」が届く様に
是非、食べ物に気をくばってみてください。
そうそう、この写真の左側 小豆昆布を試してくれた友達が
とても美味しく、便秘が解消された!!
と喜んでくれました。
小豆は、むくみにも良く効くし
食物繊維も豊富
生理痛にも効果があります。
是非、お試しあれ!!