ヒプノ・ヒプノ・ヒプノ

 

ヒプノセラピーの授業、

自分が葬り去った能力をもう一度、受け取り直す
墓掘りワークという手法があります。
私は、
「残虐さ」
「不思議な道具」
を受け取りました。
言葉だけで書くと、不気味な感じなのですが
なんというか、
人間として、とても、落ち着いて
むしろ、正直になった気がします。
「うんこ」も「おしっこ」もした事ないんです。
という、白々しさが消えた感じです。
さぁ、これから、受け取った才能?!
がどんな風に花開くのでしょうか?
ちなみに、「残虐」の反対に近い言葉は、「慈悲」だそうです。
なんか、深く、納得しました。
だから、仏道なのかもしれません。
言葉だけで捉えると、
「墓掘りワークは」
、正直、扱いきれない難しいワークだと思います。
ただ、大前提が、自分にとってのリソース(資源)が埋まっている場所に
戻っていくワークなので、そこをしっかりとセラピストが理解してる必要があると
改めて、実感しました。
ヒプノセラピーは、本当に楽しい!!
トランスの世界は、不思議な魔法の世界ですね。
明日が楽しみです。
ちなみに、不思議な道具は、錬金術の道具の様でした。
早速、使ってみます。
また、面白い結果が出たら、報告しますね。