実は、今年から

市川加代子(いちかわかよこ)先生のところで、市川式快復法を学んでいます。

 

市川先生のところは、「手当て」と「食箋」で

病気を治されています。

 

日本伝統の民間療法の奥深さと市川先生の「気迫」を感じました。

 

だいたい、普通の人は、体調が悪くなると病院にいきます。

 

病院に行っても、どうしようもない時に、

違う方法を探し始めます。

 

市川式快復法は、とても、簡単で気持ち良く

なおかつ、結構、すぐに効果が実感出来ます。

 

民間療法は、結果が出るまでに時間がかかる

というのは、一概には、言えません。

 

保険が利かない治療法は、それなりに成果が出なければ

お客様が続かないし、仕事にならないのです。

 

だから、40年以上、もしかしたら、50年以上

お仕事をされている市川先生は、凄いと思います。

 

 

 

台所にある食べ物で、簡単に、食べ物薬 食箋(しょくせん)が出来る。

 

食べ方は、生き方。

 

人生が変わります。

 

市川先生は、毛髪検査や、ニュースキャンといった科学的な

データから、体を読み解いていかれます。

 

私も、現在、毛髪検査中。

 

結果が楽しみ!!

 

京都にある、ホグワーツです。

 

10月6日にある、「台所は薬箱」という講座は、

生姜膏(しょうがこう)美味しいお薬を作るそうです。

 

(食道癌・逆流性食道炎に効くそう!!)

 

よかったら一緒に行きませんか?

 

なんとなく、健康そうではなくて、

 

私は、基礎から、人間の体の仕組みや、食べ方

暮らし方、生き方を市川先生から学んでいます。

 

そして、薬ではなく、

 

食べ物で作れる 食箋 に感動しています。

 

毎日、出来る事があるのは、素敵!!

 

私のレイキご飯の会でも、紹介していきますね❤️

 

今日も読んでくださって、ありがとうございました。