パニックさんに護られて・・・

 

 

 

自分を助けてくれる絶対的な言い訳が

 

「パニック発作」

 

これは、ちょっと、衝撃的な気づきだったかもしれません。

 

勿論、無意識に、自分の体が起こす症状なのですが・・・

 

どうも、パニクる事で、あなたは、

 

やりたく無い事

 

出来無い事

 

逃げたい事

 

避けたい事

 

から、都合よく逃げられてるみたい。

 

そういう私も、かつての言い訳は、

 

「お母さん居なかったし、常識無いもん・・・」

 

だから・・・・・

 

知らなくても、だから許してね。

 

出来なくても、可哀想な子だから、大目にみてよ!!

 

と自分の事を棚にあげて

 

言い訳ばかりを振りかざしていました。

 

そんあ私だから、あなたの事も気付けるのかもしれません。

 

本当は、

 

勉強も、

 

仕事も、

 

親戚付き合いも

 

同居も

 

子育ても

 

何もかも、

 

しんどくて、大変で限界を超えてたのかもしれない。

 

素直に、

 

勉強は、嫌い。

 

これ以上やりたくない。

 

解りません。

 

それは、出来ません。

 

もう、これ以上、頑張れない。

 

あの人は、苦手。

 

あの人は、怖い。

 

あの人は、嫌い。

 

一人じゃ大変だから、子育て手伝って。。。。

 

 

友達や、ご主人に話が出来てたら、、、

 

自分の心を見失う事なんて、無かったかもしれない。

 

どれだけ、自分が苦しかったか

 

どれだけ、自分が嫌だったか

 

どれだけ、周りの大人に、

 

親に、

 

上司に、

 

夫に

 

気を使って、

 

我慢して

 

我慢して

 

自分の気持ちを押し殺して

 

やりたくない事をしてきたか、、、

 

そして、どうしようもなくなった時に

 

パニック症状や、鬱の症状が

 

あなたの心をこれ以上、壊さないために

 

やってきてくれたのではないかしら?

 

 

 

「私は、働きたいんだけど、、、パニック症状が出るから、働けない」

 

「私は、親戚の集まる法事に行きたいのだけど、、、パニック症状が出るから、行けない」

 

「私は、子育てもっと頑張りたいんだけど、、、パニック症状が出るから、一人じゃ無理」

 

「私は、もっと、家事も頑張りたいんだけど、、、パニック症状が出るから、出来ない」

 

あなたの本音を言う代わりに

 

パニック症状が、全て、引き受けて、

 

あなたを逃がしてくれる、魔法の言い訳

 

私は、やりたくない。

 

私は、行きたくない。

 

私は、一人じゃ無理。

 

私は、その人が苦手。

 

こういう事を言うと、角が立つし、嫌われるかもしれないし

 

絶対に、言えない。

 

今は、まだ、心が、弱っているので

はっきり、言わなくて良いと思います。

 

パニックさんに、守ってもらっても良いと思います。

 

でも、いつも、みたいに発作が起こってから

言い訳するんじゃなくて

 

「パニック発作が出そうなので、出来ないです。」

 

と言ってみてください。

 

嘘でもないし、

 

角も立ちません。

 

そして、心の中で

 

「パニックさん、ありがとう!!」

 

とつぶやいて下さい。

 

あなたは、いつも、パニック症状を嫌うけど

 

だいぶ、役に立っています。

 

ほんとに、便利です。

 

そして、あなたは、認めたくないと思うけど

 

パニックさんを使いこなしています。

 

よっ!!名人!!

 

私としては、発作を起こすと、ダメージが大きいので

 

「発作が、出る前に、使う」

 

この、新しい方法を提案します。

 

そして、これからは、

 

自分の気持ちを感じて

 

嫌な事、我慢してる事を

 

手放していく、練習をしてみませんか?

 

嫌な事は、しない。

 

出来ない事は、頼む。

 

上手に助けてもらう練習

 

一緒にしましょうね。

 

さて、今日も、長い文章になりました。

 

読んでくださって、ありがとうございました。

 

続きは、また、今度・・・

 

 

*****************************

 

info@reiki-eishin.net

 

 

 


コメント
コメントする