「して当たり前と思ってはるなぁ〜と感じると、途端にやる気がなくなるんです。」
というメールを頂きました。
 

「当たり前」って、不幸を呼ぶ言葉だと思います。

 

それぐらい、やって、当たり前・・

それぐらい、出来て、当たり前・・

 

そう言われて、やる気が出たり、元気が出る人は、居ない。

 

まして、こんな時期に、、、、

気持ちが、冷え込んで、離れ離れになってしまう。

 

 

家事を淡々とこなして、育児、介護、

主婦に休みは、無い。

 

皆が、学校に行ったり、会社に行ったりしている間。

一人になる時間、ちょっと、ホッと出来る時間。

 

それも、今、無い。

 

おまけに、皆、家にいるから、仕事増えてる。

 

いつも、お腹減ってる子供。

(健康で、スクスク育ってて素晴らしいけど・・・底無しの胃袋は、恐ろしい)

 

でも、自分の子供の頃を思い出すと、私も、「当たり前」って思ってたなぁ。

 

本当に、お母さん、御免なさい。

 

そして、今になって、オカンの偉大さを痛感しています。

 

Sさん、あなたは、素晴らしい人間です。

ほんまに、そう思う。偉い!

 

 

朝、起こしてくれて有り難う。

 

ご飯作ってくれて有り難う。

 

洗い物してくれて、有り難う。

 

洗濯してくれて、有り難う。

 

部屋片付けてくれて、有り難う。

 

体調、気遣ってくれて、有り難う。

 

面白い事言ってくれて有り難う。

 

おばあちゃんの事、やってくれて有り難う。

 

夜中も、起きてくれて有り難う。

 

おばあちゃんの介護も、全部、やってくれて有り難う。

 

本当に、いつも、有り難う。

 

喧嘩しても、大好きでいてくれて有り難う。

 

怒ってくれて有り難う。

 

愛してくれて有り難う。

 

育ててくれて有り難う。

 

上手に、有り難う。

 

お母さん、あの時、言えなくて御免なさい。

当たり前や!!
って偉そうにしてて御免なさい。

 

 

有り難う。

 

御免なさい。

 

大好き。

 

大事に思ってる。

 

お互い様。

 

お蔭様。

 

今は、皆で、支え合って、助け合って暮らす時。

 

優しい言葉を広めていく時。

 

お金に換算しきれない家事労働が、命を支えてる。

 

家事は、尊い。

 

改めて、そう思いました。