降りてきた言葉

施餓鬼供養

台風が過ぎ去って行きましたね。

京都は、今宵、送り火。

ご先祖様も、あちらの世界帰って行かれます。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
私は、お施餓鬼のお手伝いに行ってまいりました。
私は、お施餓鬼という事を知りませんでした。
(仏壇に手を合わせておけば、充分!!という新興宗教だった(涙)
餓鬼道に堕ちたご先祖様、また、ご縁のあった方
また、縁は無くとも、餓鬼に供養を施す事。
自分の徳積みにもなるそうです。
お施餓鬼について、詳しくは、こちらをどうぞ!!
去年の施餓鬼供養の時は、お寺の隅っこから
感涙して、手を合わせておりました。
お坊様のお経の声と作法に合わせて、
強烈に眩しい光と有難さに、体が震えました。
自分が餓鬼道に居る「餓鬼」の中にフッと入ってしまって
その光明を頂いているかの様な経験でした。
  
お経が始まると、
何故か、また、涙が・・・
どうしてか、ご先祖様に対する「想い」が込み上げてきました。 
なんとも表現しがたい「想い」が心の中に集まってくる。
そして、涙が・・・
私の細胞、ひとつひとつが、ご先祖様のお一人、お一人なのかもしれない。
代表して、私がここに居るだけ・・・
  
お経が深まるに連れて
地獄なのでしょうか、深く暗いところに水が一瞬で染み渡り、光が燦然と輝き届いていく、
ほんの数分にして様々な事を体感しました。
「ああ、なんと有難い事だろう・・・」
そして、先祖供養を知らなかった、そして、してこなかった事を
  
ご先祖様に対して、申し訳なく思いました。
儀式とは、単なる形では無く
本当に、霊界に届くのですね。
しみじみ感動しました。 
  
と言っても、暑い中
お経を聞きながらポロポロ涙する私は、相変わらず、「変な人」
恥ずかしかったです。
人間に産まれて、一番、尊い事は、仏教の教えを知り
お経を唱える事なのだ。
少なくとも、私にとっては、そうなのです。
  
年々、神仏に対する畏怖の気持ちが深まっていきます。
そんな人間では無かったですから・・・
不思議な事です。
精進料理も作りました❤️
  
阿弥陀様、英霊の皆様、そして、餓鬼の皆に、
兄弟子の関さんとお膳の用意もさせて頂きました。
  
梅ごぼうが、とても美味しく出来たので、嬉しかったです。
 
お供えを下ろして来ると、皆様が召し上がられたのか
味が変わっているのです。
表現するのが難しいのですが、「精気」が抜けた様な味になっています。
阿弥陀様とご縁を頂いて
今年は、嫁ぎ先の神田家、私の母方の家系、父方の家系のご供養が出来て
ちょっと、肩の荷がおりました。
お父さん、どこで、どうされているのでしょう・・・
生きていても、死んでいても、穏やかな気持ちでお過ごし下さい。
  
お盆で、新仏様をお迎えになった方、様々な気持ちで
お過ごしかと思います。
私は、今回の経験を通じて、はっきりと
「生きている間だけ、繋がっている訳では無い」
と感じました。
お葬式をしてお別れした後も、私たちは、「繋がっている」
  
感謝の気持ちを送る事が出来る。
「見え無いし、聞こえ無いし、返事も無い」
  
でも、この世を去った愛する人たちとのご縁は、続いている。
ほんとに、こんな事を思う様になるなんて、 
  
自分が、自分で、一番、驚いています。
でも、もともと、感じやすい体質で、良いものも、そうでは無いものも
  
見たり、感じたりしてきました。
  
心と体を壊しスピリチュアルな癒しの世界と出逢いました。
  
そして、元気になり、私もその道のプロに・・・
  
心理療法を学び、師匠と仲間に出逢いました。
お坊さんが勉強する心理療法の学校で、知らず知らず
  
「そこに「仏」がおられるのだ。」
  
という事を言葉というよりも、お一人、お一人の生きる姿
  
時に苦悩する姿を通して、見せて頂きました。
  
一生懸命に生きるお坊さんとご家族に出逢えた事に感謝しています。
  
仏様と歩く人生を感じる事が出来ました。
お経を聞く度に、流れる涙の意味が
  
最初、私にも解りませんでした。
今も、不思議な事だと思っています。
でも、もしかしたら、この、無知な私に、御仏の有り難さを
体を通して、教えて頂いているのかもしれません。
母の病気が治らなかった。
どうしようも無い事に腹を立て、神仏に背を向けていた私も
ようやく、真正面から、手をあわせる事が出来る様になりました。
私は、父親の顔も覚えていません。
1枚、写真があるだけです。
でも、確かに、私に父が居て、母が居て、その向こうには
沢山のご先祖様がおられて、私が居る。
施餓鬼供養をさせて頂いて
もう、拗ねるのは、やめよう。
と思えました。
いつか、私の人生が終わった時、お父さんとも必ず逢える。
その時に、胸を張って出逢えるように、歩んで行きます。
でも、寂しい。
父を知ら無いという事は、寂しい事です。
阿弥陀様と出逢えて、とても幸せです。
とても、大きな大きな愛を感じます。
お寺のお掃除を汗だくで終えたら、空に、阿弥陀様の様な雲が・・・
私は、忙しさにかまけて、お経を忘れてしまうのですが、
そんな自分を反省し、また、手を合わせ続けます。
阿弥陀様が、大好きです。
今日は、暑くなりそうです。
しっかり、塩分と水分補給して、元気でお過ごしくださいね。
有難うございました。
個人セッションなどのお問い合わせは、
info@eishin.life
までお願いします。
メッセージ

無限大の可能性 夢を描いて宣言する日!!

 

気分を変えて、仕事がしたい!!

ホテルに篭りたい!!

 
と夫が言うので、和歌山の「しらら浜」に来ました。
私は、
 
・知ら無い場所
 
・知ら無い人
 
・やった事ない事
 
が基本、嫌なんです。
 
だから、ホテルも、知ってるホテルに行きたい。
 
毎年、同じホテルに泊まっても満足、むしろ、その方が「心地良い!!」
 
でも、これ、要注意!!
 
人生変えたい時、人生変えていく時は、真逆の考え方が必要!!
 
・知ら無い場所に行ってみる
 
・知ら無い人と話してみる
 
・やった事ない事に挑戦してみる
 
全部、ドキドキするし、
 
やった事ない事すると、結構、失敗するものです。
 
でも、同じ場所で、同じ人と、同じ事をやっていても
 
日常は、変わら無い。
 
今日は、8月8日 無限大の日!!
 
自分の中の無限大に広がる可能性を信じて
 
夢ノートを描きましょう!!
 
行きたかったけど、行って無い場所
 
これから、仲良くなりたい、未来の友達、未来の夫、未来の嫁・・・
 
やりたかったけど、やって無い仕事、遊び・・・
 
「どうせ無理」の向こう側に行ってみたいと思いませんか?
 
その一番、小さな一歩は、
 
「自分の夢、やりたい事を想像してみる。」
 
そして、ノートに描いてみる。
 
紙(神)に書くのです。
 
神様に宣言するのです。
 
誰にも、見せなくて良い。話さなくて良い。
 
でも、今日は、とても、良い日なので、やってみてくださいね。
 
温泉付きのお部屋に泊まりました。
 
って書いた頃が懐かしいです。
 
そして、一番、最初に温泉付きの部屋に泊まった時は、
 
「源泉掛け流し」が、もったいなく思えて、流れる水音を聞いてると
 
心がざわつく・・・
 
「もったい無い」が心の中にリフレイン
 
夜中に、フロントに電話して、温泉止めて貰ったなあ(笑)
 
今は、もう、有り難く受け取っています。
 
尽きる事の無い、大地からの恵みを感じながら、気持ちの良い部屋で
 
のんびり、ゆったりさせて頂いております。
 
今日も、読んで頂いて有難うございました。
 
楽しい1日でありますように❤️
 

 


セッションのご案内*************

 

個人セッションのお問い合わせは、

 

 info@eishin.life

 

までお願いします。


個人セッション 1回 3時間 ¥40,000(税別)

3時間 3回セット ¥110,000(税別)

3時間 6回セット ¥200,000(税別)

 

3時間 12回セット ¥360,000(税別)



ブログに、ほんの少しですが、クライアント様から頂いた感想を
記載してありますので、参考にして頂ければと思います。

栄心ブログ
http://blog.reiki-eishin.net/?cid=1

 

メッセージ

体内年齢 ー10歳

 

私は、44歳なのですが、

体内年齢は、34歳・・・
スタッフ君が、タニタの体重計を持ってきてくれたのです。
マイナス10歳!!
心と体の健康について研究してるので、ひとまず、ほっとしました(笑)
私は、健康な食生活と、健康な人間関係、良くわからずに生きてきました。
 
今、得に、極端な食生活(糖質制限)とか、マクロビオティック、玄米菜食
 
ベジタリアン、フルーツタリアン?!
もう、わからなくなるのです。
 
何が正解なの?!
 
ひとまずは、私が選んだ、食生活は、私にとって良さそうで安心しました。
 
今、情報が、溢れているので、迷子になります。
 
私は、食事を治療として捉えて、結果を出されてる
市川先生について勉強しています。
 
どういう人に向かって、作られた食事療法なのか?
見極める必要を強く感じています。
 
今日も読んで下さって感謝しています。

********************************

 

8月31日(土)

 

出す為に食べる。

  

運が通る!!ご飯回をします❤️

参加費:¥5,000(税別)

  

食べれば、食べるほど、体が楽になって

心が軽くなるご飯を作って待っています。

  

  

申し込みは、info@reiki-eishin.life までお待ちしております。

  

今日も読んで下さって、有難う。